NINJA TOOLS
Out of Ragol 偉大なるギャツビー chapter1 忍者ブログ

Out of Ragol

 ぜんぶ、ときどきぷそ。

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
カテゴリー
最新コメント
[11/25 きのこ]
[11/20 'x')]
[11/16 きりかぶ]
[10/23 たけのこ]
[08/31 きのこ]
最新記事
プロフィール
HN:
アウト+
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1981/10/08
職業:
事務職
趣味:
遊びに行くこと
自己紹介:
PSOBBのプレイ日記が継続・変化してこんなかんじに。もっぱら映画の感想と普通の日記です。
バーコード
RSS
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
(09/15)
(09/16)
(09/30)
(10/07)
(10/08)
P R

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.05.29 (Mon)
Category[]

偉大なるギャツビー chapter1

http://ebooks.adelaide.edu.au/f/fitzgerald/f_scott/gatsby/chapter1.html

 僕の家族は中西部の町において、三世代にわたって裕福な家族として知られていた。キャラウェイ一族とは名士であって、元はといえばバックルー公爵家の血を汲んでいるということだが、僕の実感としては、キャラウェイ家のはじまりは51年前に誰かの代わりに市民戦争に参加するためにこの地に放り込まれ、現在僕の父が継いでいる鉄器の仕事を始めた祖父の兄弟だと思う。この偉大なる大叔父を直接見たことはないが、父の職場にぶら下がっている若干ハードボイルドすぎる肖像画を見る限り、僕に面差しの似た人であったようだ。僕は父に25年遅れてニュー・ヘブンの大学を1915年に卒業し、第一次世界大戦でドイツに駐屯したためにもう少しばかり遅れた。僕は完璧にこの反撃戦を楽しんでいたから、帰ってきてからもそわそわと落ち着かなかった。温暖な世界の真ん中とは違って、中西部は今ではぎざぎざの宇宙のはしっこみたいに見えたーだから、僕は東部に行って証券取引を学ぶことに決めた。僕の周りはみんな株をやっていたから、もう一人くらいやるやつが増えたってどうってことないだろうと思ったのだ。この件については伯父も伯母もみんながまるでわが子の入る学校を選ぶみたいにあれこれと口を挟んできたが、最後には諦観の境地に至ったのか、理解に苦しみながらも賛成した。僕は父からの援助を1年間だけは受けられることとなり、さまざまな障害を経て、22年の春から、一時的にー僕としては永遠にー東部にやって来た。
 さしあたって部屋を探さなければならなかった。幸いにも暖かい季節だったし、広々とした緑の大地と慣れ親しんだ木々の町を出て来たばかりだったので、同じ職場の若い男から職場に近い家を二人で借りようと持ちかけられた時には二つ返事で飛びついた。彼は月80ドルのダンボール製みたいなぺらぺらのあばら家を見つけてきたが、最後の最後でワシントンへの転勤が決まり、僕は一人で田舎に取り残された。僕は少なくとも2,3日の間は犬を飼い(逃げた)、そのほかに古いダッジを所有し、フィンランド人の女中を雇った。その女中は僕のベッドを整え、朝食を作り、電気ストーブごしにフィンランドの叡智を彼女自身に向けて言い聞かせていた。
 そんな僕の孤立した日々は案外にすぐに終わった。僕よりも後に近所に引っ越して来た男が、僕を呼び止めたのだ。
「ウェスト・エッグ・ビレッジへの道順をご存知ですか?」彼は力なく尋ねた。
僕は彼に道を教えた。そして歩くに従って、僕はもう孤独ではなくなっていった。僕はガイドであり、近道を知るものであり、一番最初の開拓者だった。彼は何気なく僕に「近所」という未開の地をもたらしたのだ。
PR
2014.01.07 (Tue)
Category[偉大なるギャツビー]
Comment(0)

コメント

この記事にコメントする
Name:
Mail:
URL:
Title:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Copyright © アウト+ All Right Reserved.
Powered by Ninja Blog.
Template-Designed by ガスボンベ.